診療科目

メンタルヘルス科

特色


生活が多様化し、ストレスに満ちている現代社会において、精神的な不調をきたしている方がとても増えています。当科では精神神経科領域、心療内科領域の病気はもとより、こころの悩みにいたるまで気軽に相談できる科を目指しています。
当科の特徴としては主に次のような点が挙げられます。


職場のメンタルヘルスに関した障害の治療


職場、仕事に関連したストレスに起因する障害に関しては産業精神衛生や職場のメンタルヘルスを重視した診療を行っています。
また、当院ではうつ病・うつ状態などで職場を休職・離職した方を対象に職場復帰の為の支援を行っています。


女性特有の障害の治療


女性のライフサイクルの変化によるメンタルヘルスの問題など女性特有のお悩みには女性医師とカウンセラーが対応しています。


身体合併症を有した方の治療


当院は内科系の一般病院という特徴をいかし、身体合併症を有した精神疾患の患者さんの受け入れも積極的に行っています。


認知症の診断と治療


当科はメンタルヘルスに関わる幅広い疾患を対象に外来および入院(一般病棟)での治療を行っています。
<主な対象疾患>
●気分障害(うつ病、躁うつ病など)
●統合失調症
●神経症性障害(不安障害、パニック障害、強迫性障害など)
●ストレス関連障害(外傷性ストレス障害、適応障害など)
●心身症
●認知症(物忘れ)
●器質性精神障害(脳卒中後の感情障害など)
●睡眠障害
●その他

パーソナリティ障害、アルコール、薬物依存、小児など、専門性の高い分野については他の医療機関をご紹介します。



診療内容


外来診療


初診担当医が診察します。メンタルヘルス科の診察では病気の経過を理解するために、背景としての生活史や性格、家族歴、現在の生活状況などをくわしくお聞きすることがあります。初診診察後、引き続き通院診療が必要な方には主治医と診療日とを決定して、今後の診療計画を立てます。必要な場合には臨床心理士によるカウンセリングや心理・性格検査などを併用してもらうこともあります。


デイケア


リワークプログラム(復職支援プログラム)


当院ではうつ病、うつ状態などで職場を休職・離職した方を対象に職場復帰の為のリワークプログラム(デイケア)を行っています。リハビリテーションとして様々なプログラム活動を行い「復職・再就職をする」だけではなく「安定して働き続けること」を目標として取り組んでいただきます。

詳しくはこちら




入院診療


重症度や希望に応じて、適応がある場合には入院治療もお受けしています。当科は精神科専門病床を有していないため、内科との混合病床での入院となりますので、ご本人の意思による入院のみです。入院治療は次のような場合に特にお勧めします。しかしその他の場合でも、入院希望がありましたらご相談ください(病状しだいでは他院へご紹介する場合があります)。
●外来治療が困難な場合
●日常生活の場から離れた安静や休息
●ストレスケアのための休息入院
●自制できない問題行動の治療(衝動行為、不安発作等)
●積極的な治療(点滴治療、修正型通電療法等)
●検査や他科と連携した身体病治療(認知症、身体病の合併)
●生活リズムの調整
●社会復帰の前段階としての入院生活



特殊な治療


修正型通電療法(modified Electro Convulsive Therapy:m-ECT)


治療は薬物療法と精神療法が中心ですが、うつ病を中心にパルス波治療器(サイマトロン)を用いた修正型通電療法(電気けいれん療法)を行い高い治療成績をあげています。


m-etc

↓詳しくはこちら




診療日時


毎週 月〜金  9:00〜12:00、13:30〜17:00
土曜 午前   9:00〜12:00

PAGE TOP